西からの風

フランスとイギリスで海外生活32年が過ぎました。娘は大学4年生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: 旦那

旦那のヘルニアの手術。

もう1年半近く待ってた。
運良く痛みがないので、旦那は放ってた。

わたしの方が心配になって、
“痛みが出てきた と医者に言って、
手術を少しでも早めてもらうように頼んで?”
って旦那に懇願しても、
彼は
“他に手術を必要としてる人、重い病気の人がいるんだから、
俺は待つよ“ って、いうばかり。


そんな彼が最近、
手術はしないって言い始めました。

“ここまで待たされた、もう飽き飽きだ!
手術したら痛みにも耐えなきゃならない”
と。。



そこで昨日、
“手術はしない。
順番待ちリストから外して欲しい”
と、病院に電話しました。


すると、
どうでしょう!








なぜか、



すでに、



彼は、



そのリストから外されていた‼️



ハハ、
病院から連絡が来るはずがない!
もちろん病院から手紙もメイルなど受け取ってません



なんてこった!


これがもっと深刻な病気、
たとえばガンとか心臓病だったら って思うと
ゾッとするというか、こわいです!


彼の場合は手術の“キャンセル願い”だったから 
これで済んだかもしれないけれど、
“手術要請”だったら 大問題になってたのでは?


旦那は、
“今、俺が心変わりして、手術を希望したら
絶対に”fast track“ で対応してくれるな”
と高笑い!
笑い事じゃないんですけど


NHSはうまくシステムに乗っかると、
スムースに事が運びます。
ただ、そこに乗っかるまでが大変。。。



手術の予約を待ってる時、
Waiting List に載ってるかどうかの確認はしたほうがいい
ってことを学びました(爆)









今日でわたしのイースター休暇はおしまい。
明日から仕事です。

今日は旦那がラムの骨つきもも肉 leg of lamb を焼いていました。
わたしはラムがどうも苦手です。
少し匂いがきついと思いませんか?
いっぱいいっぱいミントソースを添えたらなんとか食べられます。



IMG_6445まず、数箇所に切り目を入れてニンニクを入れます。
オリーブオイルに浸したローズマリーを
肉に染み込ませるようにぬっていきます。
お好みで、塩こしょうも

トレイにローズマリーと輪切りにした玉ねぎを敷き、
その上にお肉を置き、
200°のオーブンでまず75分焼きます。



焼け具合はお好みで。
彼は赤みは苦手で、Well Done がすきなので
少し長めに焼いてました。

IMG_6446












添えは、
ローストポテト
茹で野菜 (ブロッコリー、スイード)
ロースト野菜 (シャロット、ペッパー、にんじん、パースニップ)

これらを、
グレイビーソース、ミントソースでいただくのが旦那料理の定番です。



スライスしやすいように粗熱をとるのですが、
お肉ローストの甘い匂いが部屋一杯で、
ミントソースもあるし、ちょっとつまみ食いしたい!!


我が家にいた犬のゴンちゃんの気持ちがよーくわかります。
おあずけ!っていわれたって、
ちょっとだけでも食べたいよね。。。












有給が終わって仕事復帰。


娘はロンドンから戻った2日後に スペインに行きました。
もちろんボーイフレンドに会うため。


論文はどうするつもりなのか。(怒)



ロンドン滞在時に娘はハウスメイトのことを
いろいろ話してくれました。


娘のハウスメイトは2人

まずエリー。
このイースターホリデーで
ドイツに行ってます。
ボーイフレンドのところです。
4週間もだって!

エリーは大学入学前一年ギャップイヤーをとって
年齢は娘より一つ上。
そして3年時もマルタに1年間留学。
2年間も“遊学”(笑) してる。

留学時にそのボーイフレンドに会い、
卒業後はドイツで彼と暮らし、
卒業式の後すぐ、ドイツに飛ぶそうです(驚)
英語アシスタントの仕事でもできるかな?と考えてるそう。


もう1人はハナ。
ハナは、就職活動をしていたけれど、まだ内定をもらえていない。
仕事が見つからなかった時のために、
二つの大学院に願書を出している。
Humam Resorces Managementを専攻したいのだそうだ。
ハナの学部はビジネスには全く関係ないけれど、
海外でのインターンで、人事の仕事を任され興味を持ったとか。




エリーとハナ。

エリーは裕福な家庭に育った。
親からの援助はたくさんあり、
困った時には親からのバックアップは必ずある。
行き当たりばったり。

一方ハナは、両親が離婚し、母親1人で育てられた。
お母さんには負担をかけたくないと、
自分に進路をしっかりと見据えている。





娘がなぜこの話をしたのか?

“私は、エリーとハナを足して割ったような感じでしょう!
だから心配しないでね”

とでも言いたかったのだろう。



私からすれば、
”あんたは80%エリー寄りだよ“ 
と声を大にして言いたいです!!


ボーイフレンドに会いに2週間スペイン行ってる 
エリーちゃんはドイツ
JetProgrammeには応募して面接に行ったけど、
ハナちゃんも就活
不採用になった場合その確率の方が断然高い!のことは全く考えてない。
ハナちゃんは大学院というプランBを持ってる




娘がスペインから戻ってきたら、
私抜きで(笑)、
旦那が彼女と
真剣にこれからのこと、話をすると言ってます。
旦那には駆け引きは通用しない!


むすめの本音が聞きたい!












↑このページのトップヘ