西からの風

フランスとイギリスで海外生活32年が過ぎました。娘は大学4年生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: 話題

卒論提出まであと5日となりました。

最後の追い込みやってる娘。
一日中 パソコン、iPadと にらめっこしてます。

卒業試験は4つ。
最後の試験日は5月23日。
卒業式は6月28日。

大学に娘を送り出してもう4年。

最初の“親離れ”、幼稚園に送り出したのは、
娘が2歳3ヶ月の時。
幼稚園に通うには、
2歳以上、
トイレトレーニング済みでオムツ着用なし
という条件がありました


あの頃の体力があれば 
もう一度あの頃に戻りたいなあ。

“もしも時間を戻す事ができたら、
いつに戻りたい?”
ってむすめにきいたら、


"赤ちゃんの時、
だって、なんの責任感もないじゃない。
泣いて、寝て、食べて、笑っていればいいんだから"
とな。。



あーーーーーーー

これって 仕事を持ちたくないという,
Z 世代の典型かい?


そうそう、
Z世代の半数は将来子供が欲しくないとか!?
どうなっていくの、人間社会。
ロボットの世界になるの?








よかった。

信じてたけど、心配したもんね

大谷くん、
真っ白、真っ白!
潔白、潔白!

水原通訳は銀行詐欺罪の問われるって!

彼の不正送金は24億円超
ギャンブルの回数は19000

大谷くんの代理人に嘘をつき、
大谷くんの銀行口座で自由自在にお金を動かす。
ギャンブルの資本は大谷くんの口座から
ギャンブルの利益は通訳の口座へ
怖いです。そんな悪事をしながら彼の側で大きな顔してたなんて 




通訳さん、かなり重い刑となると言われてます。
いっぱいの憶測と、ちょっとした事実が
様々なところから流れてるけど、
世界の大谷くんに関することだから
注目を集めるのは仕方ない。
今だに彼をおとしいれようとする人がいるのが信じられない


大谷くんは真実をありのままに話してくれた。
大谷くんは私たちを裏切らなかった。

いつまでも応援してます。

明日の朝、ドジャースと大谷くんの試合結果が楽しみです。














長いタイトル。
漢字が多すぎやしませんか!



さっそくわたしの田舎の市役所にメールしました。


さっすが、日本のお役所さん。
仕事が早い!
朝起きると、もう返答が!
迅速、丁寧、おまけにわかりやすい書き方をしてくれていました。


結論から。。



日本国内に住民票を持ってる代理で、申請 OK

申請時も受け取りも郵送 OK
残念ながら海外郵送ではなく代理人さんの住民票のある住所へ
それでも、嬉しい!


もちろん、日本ですから 
まあどこのお役所さんも一緒ですが
提出書類は多々あります。


① 委任状
わたしの場合 叔母が代理人となるため、委任状が必要。
もしも代理の方が直系親族ならば必要なし

② 代理人の本人確認書類 (運転免許証等) のコピー
その他、健康保険証、年金証明など、住所が書かれてあるもの
③ 戸籍の請求書
④ 発行手数料 (定額小為替等)
郵便局で手続き。市役所に出向けば、現金でも大丈夫だと思う。
⑤ 宛名の書かれた切手貼付の返信用封筒
経費削減


ネットで検索すると、海外へ郵送してくれる市区もありますね。
羨ましいわああ。


とにかく、やるべきことがわかってよかったです。
来週にも請求書など書き込んでいこうとおもいます。
長いプロセスの始まりです。













↑このページのトップヘ