西からの風

フランスとイギリスで海外生活31年が過ぎました。娘は大学生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: 話題

あきれた第1弾は イングランドのサッカー選手
第2弾は日本国税庁です。



BBC News
 によると、
国税庁は、Sake Viva と銘打った、
若者からアイディアを募り、
アルコールの消費拡大につながるキャンペーンを開くとか⁉️


というのも 大人の1年あたりのアルコール消費量は
1995年は100リットル であったものが、
2020年は75リットル まで減少。
理由としては コロナの影響や高年齢者層の増加などが挙げられている。


全税収に占める酒税の割合も
1980年は5% に対し
2020年は1、7% まで落ちたんですって!



何考えてんだか!
なんでそんな運動しなきゃなんない⁉️
若者のアルコール離れ ってとってもいい事じゃない
歓迎されるべきでしょう。
喜ばしい事です‼️
将来の成人防予防でどれだけの医療費の節約となることか‼️
お酒の次はタバコ喫煙推進になる?
酒は避けろ(笑) です!!

政府は、子供の数を増やす対策を考える方のが先決なのでは!!






明日は イギリス Aレベル試験の発表の日です。

我が家は2年前でした。コロナの影響で 試験は中止。
内申のみの成績でのグレイド判定となりました。



この試験の成績で願書を出した大学2校本命 滑り止めの合否が決まります。
試験結果が大学の要求する条件にともなっていれば合格です。

その条件に満たず、不合格となった学生は、
定員に空きのあるコースに学生の受け入れをしたい大学との交渉で、
入学許可を得るチャンスをあたえられます。
大学統一出願機関 UCAS (ユーカス) クリアリングとよばれてます。




全ての受験生が希望の大学に入学できるわけはありません。

来年、再挑戦される学生さん、
今年の悔しさをバネに飛躍してください。

また、
滑り止めの大学に行くことになったり、
クリアリングを利用して、
目指していたところと全く違う大学に行くことになった学生さん、
受験勉強にかけた意欲と意気込みをもってすれば、
ご縁のあった大学で、ひかり輝くことができます。
不合格者が ”敗者” ではありません‼️

人生は日々敗者復活戦ですから。




私は、高校 大学と受験失敗組です。
正直、
高校合格していれば、
大学浪人していれば、
と思ったこともあります。

でも、今の自分を変えたいとは思いません。
どうにかなるもんです。

旦那と娘と出会えない私の人生は考えられないもの。









気になってたことがあったんです。
まあ大したことではないのですが。。。

高速道路M1を走ってた時、
“8月12、13日はコンサートのため、車の渋滞が見込まれます”
っていう電光掲示板でのお知らせ

ウェンブリー イングランドサッカーの本拠地です であることは確かですが、
誰のコンサートだろう ってちょっくら興味持ってたんです。

エド シーラン? かなぁあああ。。。。とか。
彼くらいしか思いつかない


今日 娘の友達、ハナちゃんがきたことで判明しました。
昨日のブログの恋人と破局したハナちゃんです
実は彼女、
明日土曜日、別れた彼と一緒に
このコンサートにいくはずだったんですって‼️

そして そのアーティストは???











Cold Play‼️





なるほどね、
音楽に疎いわたしでも知ってるバンドだわな。



この ウェンブリー、
90000人収容ですって! 

道路が混むわけよね。。
おまけに 土曜日は鉄道のストも予定されてるし。

土曜日ってことは サッカー プレミアリーグの試合もあるんじゃない?






ここでまた気になるのは、
ハナちゃん元彼は その2枚のチケットをどうしたか! ってこと。。。。。



だれかに売ったかな。
1人で行ったかな。
このチケットで釣って 新しい恋人できてたりしてね。






 


↑このページのトップヘ