西からの風

フランスとイギリスで海外生活31年が過ぎました。娘は大学生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: 出来事

娘のスペイン行きは9月の最終週。

運良く、
こちらの地元の空港から
スペイン側の最寄りの空港までの便が週3回、
格安航空Ryanairで運行されてます。



頻繁に料金をチェックしていた娘ですが、
今日のレートは1週間前に比べると半額になってました。

もう少し待ってみようか?
待ってもこれ以上は安くならないよね。
たとえ安くなっても、高い時に買わなかったんだからね。

クリスマス休暇で一時もどってくる予定ですが、
あと4ヶ月で2023年になるなんて。。
12月23日まで仕事があるそう。
有給をその時期に取ることができるかどうかもわからないので
片道分だけを購入しました。



住む所は、
同じ市に派遣された学生たちのSNSのつながりで
フラットメイトを募りました。
4人集まりました。


どの物件がいいか 探し中です。
娘ともう一人が電車を使っての通勤となるため
駅の近くを希望しています。



こちらイギリスは 光熱費の高騰で
光熱費込みのフラットの値上がりは半端でないよう。
スペインはどうなんでしょうね。
光熱費込みの方が銀行支払いなどの面倒がないし、
フラットメイト間でのいさかいや揉めごとなども避けられると思うのだけれど、
だたの老婆心



そうそう、日本から戻ってきたお友達が お土産を持ってきてくれました。
ありがたいです。

高くて長い空の旅。
暑くて大変だったそうだけど やっぱり日本はいいわ って。
羨ましいです。


私は来年4月を狙っているのですが、
その時までには通常のフライト状況になっていることを祈るばかり。






温泉に行きたい♨️


 

 

お昼過ぎ、アラームが鳴った。

火災予防訓練だと思った。

すると、誰かが
スタッフ ルームから煙だ。。。と

えっ?! 訓練じゃないの?
半信半疑で、緊急事態の集合場所である1階リセプションへ。

二人のスタッフが、
パネル上に問題の場所と示されてる場所を確認し、
スタッフルームへ向かった。


それと入れ替えに 
スタッフルームにいただろう人が降りてきて

電子レンジから煙が出た。
発火はしていない。
スイッチ切って、
窓、ドアを開けた!!


わーーーー 訓練じゃなかったのね!

火が出なくてよかったよ!!





レンジを使って煙を出しちゃった人、
かなり焦っただろうな。

話によると、タイマーをセットしてトイレに行ってたとのこと。


でもこれ、起きるべきして起こったことだよ‼️
彼は たまたま運が悪かった だけのこと。。

毎日の休憩時間にどれだけの人が電子レンジ使って、
それからどれだけの人が使用後、レンジ内を綺麗にしてる?
清潔感のある人, あまりいないよ。
 わたしのランチは サラダ、サンドイッチ、果物! レンジは使いません!!
"お皿、コップ類は食べたままにしないで 各自で洗うように"
と書かれてあるが、守られてないことが多いのだから。





明日には
“電子レンジの使用注意事項”
とか言って、心得 が貼り出されるに違いないな(爆)。


聞き耳持たず だけど。。。






 

今週末から10日間の有給。

イギリスは8月最終週月曜日が休日、バンクホリデーです。
いい天気が予想されてます。



私が語学留学生として イギリスに初めて来たのは、
この8月バンクホリデー前日の日曜でした。

大きなケース一個をガラガラとさせ、
ヒースロー空港から、予約していたホテルへ。
どこのホテルに泊まったか、 どうやって地下鉄に乗ったか全く覚えてない!

翌日、ビクトリア バスステーションから目的地へ出発。
無事に着いた と、そこで買ったポストカードを日本のオバに送りました。
今ではLine ってとこでしょうか?

海岸線を走るバスの窓から見えるビーチは、
由比ヶ浜のように、海水浴を楽しむ人たちで超混雑。


ホストファミリーはおばあちゃん。
とても良くしてくれました。

当時の語学学校は日本人でいっぱいで、
12-15人の各クラスには必ず3人はいました。

ケンブリッジ英検 ファーストサティフィケイトを
合格することを目指したコースでした。


今では連絡が途切れ、あの当時の仲間の近況など全く分かりません。
どうしているかなああ?
学校が運営するパブがあってよく通ったものです。

その町にまた一度は行ってみたいな。
記憶に残る街並みも海岸線も変わってるんだろうな。


それから31年たったバンクホリデー、
旦那がいて 娘がいて。。。。
イギリス北東 ヨークにいこうか? って話し合ってます。









 

↑このページのトップヘ