西からの風

フランスとイギリスで海外生活32年が過ぎました。娘は大学4年生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: ひとりごと

いやいや わたしじゃないです (笑)

MasterChefー出場者募集


元同僚が応募しました!



“書類選考されてインタビューを受けられたらいいなあ” 
“夢はみないとね”
と、どこまでもポジティブです(笑)。


自己紹介文と
自慢の料理の画像を解説付きで添付したんだって。

彼女はフィリピン出身だけど、
スペインに長く住んでいて、
今イギリスにいます。
去年の優勝者はタイ出身の方だった。
彼女に感化されたのかな?


自称、“多国籍料理” どういう意味なのか?が得意 っていってる彼女。
もしかしたらもしかする?


わたしの今の夢は?
そうだなああ。。

ロサンゼルスに行って、
ドジャースの試合を見る。
大谷くんがホームランを打つ。
そのボールをキャッチ。
大谷くんにサインしてもらう。





おやすみなさい (爆)








Kさんは2年前に
50年以上連れ添っただんなさんをガンで亡くした。

彼女はそれに耐えきれず、薬を飲んで自殺を図った。
幸い命は取り留めたものの、
体に麻痺がのこり、寝たきりになってしまった。

家族は 彼女をケアーホームに預けることにした。
最初の頃は子供達、お孫さん達もよく来てたけれど、
最近では3ヶ月に一回ほどの訪問となっている。

彼女は精神科の先生や看護婦さんとの面接を定期に受けている。
薬も処方され、落ち着いたかのように見えてたけれど、

“死にたい”と頻繁に口に出すようになり、
食事は取らない。
水分も取らない。
なかなか思うようにならない体を動かし、
みずからをベットから落とす。
自分の排泄物を食べる
と言った行動をとるようになった。

ケアーホームは、一日中、だれかがそばにいるという
“One to One Care” を始めた。



あーーー 
言葉にできない。
悲し過ぎる。

彼女には、
旦那さんが亡くなってから、
“生きててよかった”という日など、
一日たりともなかったんだろうな。
















まるまる一個のスイカ!
こちらで一度も買ったことがなかった。

夏場、珍しく真夏日になって、
スーパーで、“美味しいぞ、買ってくれよ”
と、大きな顔してこっちをみてくれてる時も、無視し続けていた私。

それが なんの拍子か、この雨の降るどんより天気の4月上旬。
魔はさした としか言いようがない!
買っちゃいました。スイカ🍉さん。
スイカ1玉!


包丁を入れた時の、あのザクっとした感覚。
久しぶりにあじわいました。

IMG_6499

日本のように黒いタネはなくて、
ラベルには コスタリカ産 と表示してました
白い小さなタネがポツポツと。。


旦那が食べやすいようにと、
小さく切りました。
かぶりつくのは苦手の様です。上品ぶってもねえええ(笑)

IMG_6500

お味の方ですが、思ったより断然美味しかったです。
タネが小さくて、取り除くのが大変なので、殆どそのまま食べてしまいました。


スイカは利尿作用に優れてると聞くので、
高血圧症に私にはもってこい

これからの季節、
オレンジ、りんご、ブドウと共に、
お馴染みの果物の仲間入りとなりそうです。


もっと早く試してみればよかった。
先入観は良くないと思いつつも、
なぜかスイカから遠ざかっていました。

今度は 
こちらで売られてる“グリーンティー” にも挑戦してみよう!





↑このページのトップヘ