西からの風

フランスとイギリスで海外生活31年が過ぎました。娘は大学生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

カテゴリ: イギリス

2ヶ月待って9月になった事だし と
旦那は、朝9時に NHS(国民医療サービス)に電話を入れました。


通話案内で
"あなたの前に8人います" と言われて、
待つこと10分。


NHSナンバー
生年月日
名前
住所
を確かめられ、返ってきた言葉は

“今現在、長〜いウェイティング リストです。
またこちらの方から連絡します。”

それだけです。


こんな簡単な返答だから、
彼の前にたくさんいても10分程度で繋がるのよね!


結局 何の進展もありませんでした。


これって手術のアポじゃないんです!
専門医の診察を受けるためなんです。

手術のアポを取る時には、またこれと同じプロセスを踏むわけで。。。
前にも書きましたが、プライベート保険に入っていれば
こういう苛立ちは起きないのでしょうが、
昔人間の旦那は

“俺は NHSのために長年国民保険料を払ってきたんだ。
今更 プライベートに入れ なんて言わせないよ”

“俺より大変な人たちがいっぱいいるんだから待つしかないだろう。
仕方ないよ。
俺は 電話かけたって何も変わらないことはわかってたよ”

って、まあ優等生な言葉が返ってきました。


優先順位があることはわかりますが、
やっぱり心配です。不安になります。
もっと深刻な病気でこんなに待たされては。。



NHSの患者は、
緊急を要する病気 たとえばガン であれば、

目安(目標)の最長待ち日数は

GP (かかりつけ医) から専門医の診察を受け、
癌であるかどうかの判断がおりるまで 28日以内。

がんであることがわかり そこから治療が始まるまで 31日以内。

と定められているそうです。


それがプライベートに加入してたら
診察、検査、治療が早くなるっていうんですから。

1日でも早く治療してもらいたいでしょう、誰でも。
痛みを早く止めてほしい、誰でも。
そうしてほしいなら、それなりのプライベート保険料を払いなさい って。


お金に余裕があって保険加入を躊躇せずできる人、
職場が保険料を払ってくれる人は、
国民医療保険払ってる上に プライベート保険は払ってるんだから
ウェイティング リストの順番割り込みしても
正当です。公平です。
優遇されて当然です。

そうは頭でわかってても、モヤモヤきえないのよね。









初めての〇〇 編 
第2弾は リバプール

娘と日帰り旅をしてきました。



まず、世界博物館

リバプール ライムストリート駅から歩いて10分程度

ED9BF311-5B91-4DEB-BC8B-73FD6F11F873


ミイラさん
ロンドンの大英博物館だけにある と思ってました。大まちがい
ごめんなさい、リバプールの皆さん。。

4FED6CD9-7E60-4DCE-8EE9-7EFDEAB685EF

日本の鎧兜、刀、脇差なども展示されてました。



次は、アルバートドック周辺

リバプールのシンボル ライバーバード 伝説の鳥 がいるのは 
The Royal Liver Buildging のテッペン!
かつてはヨーロッパで一番高い建物だったそうです

BEC1584B-19BD-4E0F-9699-C991A484F948


この近くにいたのが ビートルズ
結構似てます

3BFD28EE-376C-4909-B135-D3A7F77CBD9A



市内からアルバートドックに向かって右側にある建物はとてもモダン

827985AC-A3AE-417F-BF00-76E1404DACCB


ドックの建物の中に モダン芸術の“ミニTate“ がありました。
感激したのは 荷物を預けるロッカーがあった事です。
もちろん 無料‼️

8447B3A0-D9DA-434C-87F7-5A0F4FD6A706



市内に戻って ビートルズで有名なナイトクラブ The Cavern Club の
すぐそばにある The Cavern Pub のジョンレノンの像です。

33DD75E9-0BDF-498E-80CF-DCC218A602CA


こちらは Wall of Fame

635D065B-222F-4003-A88D-D68B115FE1A0

1957年 - 1973年の間と、
新しくリオープンした1984年以降に
このクラブで演奏した人たちの名前がブロックに刻まれています。

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ、クイーン、エリッククラプトン
エルトンジョン、ローリングストーンズ、ロッドスチュワート、オアシス
など、そうそうたるかたがた‼️


最後は リバプールで1番の日本レストランと言われている、
Etsu に行きました。


たこ焼きさん、アツアツで美味しかったです。

34482B2E-A651-412F-9921-0D51B424BEF8



親子カツ丼 こちらではなぜか、パン粉をつけてあげたのは 鶏肉でも Katsu カツ と呼ばれてる 
ちょっくら 加熱オーバーで卵に すが入ったかな?

E873D531-1F64-4362-AD2A-EEBEDC987362

かっぱ巻きとサーモン握りは写真撮りわすれました。

接客のスタッフの方はとても感じが良かったです。






リバプールは思ってたよりもずっと綺麗で、モダンな街でした。

Liverpool ONE と呼ばれるショッピング街は
建物と建物の間に通路があったり
大きく広い階段は 人工芝が敷かれていて
歩き疲れた体を癒してくれました。



また来てみたいです。
今度は、
ビートルズの歌で有名な Penny Lane や Strawberry Field,
リバプール大聖堂
リバプールとエバトンのサッカー球場巡りをしたいな。

いいお天気に恵まれ、楽しい旅ができました。
お天道様、ありがとうがざいました。






 

お隣さん、
旦那が気になって仕方ないリンゴの木のあるお隣さん。

この奥さん、ちょっと変わってる。
旦那さんは普通。フェンス越しでも話すし、道であっても気軽に会話が成り立つ (笑)。

庭に出て洗濯物干してたり庭仕事してて
顔を合わせることがあるが
ハーーイ でおしまいです。
ほとんどの場合。

最初の頃は、わたしが日本人だからだろうか?
って思ってたけれど、
旦那に対しても同じ態度です。
ほとんどの場合。


そんな彼女、突然変わるんです!
まーーあ しゃべる、しゃべる!

仕事のこと
子供たちのこと
ホリディのこと etc...


で、次また会って なんか話すをするかな?
って思っててると、
元の彼女に戻ってて ダンマリ です。


その お変わりマダム が
なんとわざわざうちにやってきた‼️


それも、かわいい紙袋持って。。

"これ、うちのりんご🍎
今年は例年になくよく実ってるでしょう、
食べてくださいね!"

F2F5FDEC-D4B3-4BC5-A108-9C4B6DA28FFD
今 気がついた!紙袋もりんごじゃん!
小学校の先生してるから、年度末にいろいろプレゼントがあるんでしょうね。





わたしが

"うちの旦那がフェンスから越えてこちらにあるりんご取ってるでしょう。
ありがとうございます。
アップルパイにして美味しく頂いてます“。


っていうと、

"もっと取って,  私たちの側も!"

って上機嫌。


こちら1ヶ月前の様子
75DF8BFE-B54F-4E4E-B78D-BE24CA6238F8



今朝のリンゴの木
D666B3C4-D9D6-475D-B079-5D8692FADF67



で彼女の話は止まらない。


娘さんは,
今年 高校最後の年(Upper 6) で、ギャップイヤーをとり
ドイツでナニーの仕事をした後、大学に行くとか。


息子さんは、
今年から中学3年(Year4) 。
日本大好きボーイで、
全く知らなかった
manga, anime に興味があって
彼の夢は日本に行くことだと。



今度はいつ こうして彼女と話しするのかな?






先日 斜め前のお家の荷物Amazonからでしたを預かりました。
なんと彼らのお父さんが受け取りに来ました。
家族旅行で1週間留守にしてるそうです。
その家族とはほとんど話ししたことはありません。


私たちのご近所付き合い、希薄です。



遠くの親戚よりも近くの他人ってよく言われます。

いざという時に大切なのは近くの他人さまだよ
ってことでしょうが、

海外に住んでると 
近くの“他人” というか
近くの”同胞“ さんが 頼りです。

わたしに何かあった時には、
近くに住んでる日本人のお友だちに
日本の家族への連絡をお願いしています。

わたしと娘が日本にもどってて、旦那が一人イギリスに残ってた時、
彼になかなか連絡が取れず、
そのお友達に家まで行ってもらったこともありました。


日本語で話ができる気の合うお友達が近くにいてくれるから
安心です。
ありがたいです。






 

↑このページのトップヘ