西からの風

フランスとイギリスで海外生活32年が過ぎました。娘は大学4年生。旦那と2人暮らし。還暦過ぎたおばさんが、覚え書きにとブログを再開しました。おばちゃんの独り言にお付き合いください。

June 2024

娘のアパート探し。
気の早い母さんは、
色々なウェブサイトで"自分勝手"に物色してます。


家賃は管理費込みで13万以内
大学のシェアーハウスの家賃は光熱費など全て含まれ一括700ポンド(約14万)だったので
家具家電付き
オートロック
2階以上
バス、トイレ別
最寄り駅から7分以内
インターネット無料
都市ガス
2口コンロ
バルコニー



の 条件を入れてみました。

結構の数の物件が出てきます。

問題は、初期費用の高さ‼️
敷金
礼金
保証会社に払う料金
事務手数料、退去時掃除代、鍵交換代
仲介手数料
火災保険料

全て合わせると、軽く40万は超える!!
口座振り込み手数料として毎月330円も忘れちゃいけません!

もちろん、それに 光熱費、加算されるわけで。。。

ぼったくられてませんか!!!


いやあ、最初の1ヶ月ってお給料もいただけないのに。。
60万くらい(£3000) は娘に持たせなきゃダメってこと?


そう考えると、
敷金 礼金の必要のない、
マンスリーマンションの方がお得じゃないかって思ってしまいます。

マンスリーマンションはぼったくりだけど (1日660円)光熱費込みなので、
退去時のめんどうな使用料金払いのことを考えないで済みます。


とにかく外国人を受け入れてくれるところでなくてはなりません。

どこの学校に配属されるのがわかるのは、7月頭。
そこから、娘と一緒に家探しが始まります。









昨日は夏至だった。

これから日が短くなると思うと切なくなる。
この2ヶ月の短い夏を楽しまないとね。。。


“来年の頃を言えば鬼が笑う”

とよく母から言われたものだが、
もう来年の旅行の計画を立ててる同僚。
そしてもう来年の有給の予約までしている。





私の1週間の有給が来週なのだが、
“どこに行くの?”
って、さも、私がホリデーに行くかのようにたずねてくる。


“私は別に何もしないよ。
ただ娘の卒業式にいくの。
娘が借りてる家をでるから、
娘の荷物を持って帰るのが私たちの仕事。
一泊するだけ”

とこたえると、

“あらあ、もっと長くどこかに寄ってくればいいのに。
せっかく遠出するんだものねえ”
私にはあなたのような体力はありません。卒業式、引っ越し それだけで手一杯です!



ちなみに彼女は娘夫婦とオーランドのディズニーに行くとか。
“半分は子守りようなものなのよ”
っていいながら ニヤニヤ嬉しそう。
誇らしげ って言う方が正解


来年の今頃、私たちどうしてるんだろう。

家族みんな元気ならいいわ😃









旦那とお隣の街へ電車で出掛かけた時の話に、
お付き合いください。


ここの街の駅は、
プラットフォームが
正面に向かって一列に横並びしている。
なので、電車に乗るのは簡単。
階段やリフトを使う必要がない。
左から順番に1から10とプラットフォームの番号が上がっていきます。

ただ機械の改札があるのはど真ん中だけ。。
おまけに5台程度。
故障してる時もある

なので、これに頼っていたら、
大勢の乗客は一度にさばけません。
効率が悪い、さあどうする?

それぞれのプラットフォームの入り口(電車に乗る人のため)、
出口(電車から降りた人のため)に、
2、3人のスタッフが乗客を迎え、チェックします。



私たちは、3分の1割引となるシニアレイルカードを使い、
出発駅でチケットを購入しました。

駅につき、待ち構えてたスタッフにチケットを提示した時、
旅慣れてない(笑)旦那は、
チケットだけ出しました。
シニアレイルカードは財布の中。

つかざす、スタッフいいました。

“レイルカード‼️“

慌てて旦那、
ズボンのポケットからお財布出します。

”はい、これ“
と、カードを彼に見せました。

その直後、
彼から発せられた言葉は、




”move"‼️

そうなんです!
“さっさと行けよ、動けよ” って感じで返されたんです。


普通なら Thank You の場面でしょう!
Thank Youて言わなくても ニコッて笑顔でいいじゃん!!


これには 旦那、さすがにカチッてきたようで、

“I beg your pardon?!"

って鋭い目で彼の目を見ながら
“何言ったと思ってるんだ‼️”と。


IMG_1810



でも彼は、
そんな旦那なんて無視。

あーーーー 
なんと無礼な!
偉そうに、何様だと思ってんの?


こうしたちょっとしたことで
気分を害される、
片道25分のイギリス電車旅(笑)でした。








実はこのスタッフ、黒人の人でした。
旦那曰く、
“もし俺が黒人でスタッフが白人だったら
どうなってたと思う?” と。

ははは って笑った私でしたが、
その時思いました。
もしかしたらあのスタッフ、
旦那に “たったと動け” って言ったのではなく、
私に向かった言葉だったのかもって。。。



被害妄想かしらね。。。










↑このページのトップヘ